厄年表



※数え年とは、満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年です



厄年について

多忙な日々に追われていると、自分の重ねてきた年齢さえも忘れがちになります。しかし『厄年はなにか気になる』という方は殊のほか多く、全国の神社で『厄祓い(やくばらい)』の御祈祷を受ける姿が多く見られます。日本人は、古来より厄災や厄難を受けやすいと信じられている特定の年齢を『厄年(やくどし)』と呼んできました。厄年に込められた祖先の知恵や日本人の『年』へのこだわり、そもそも厄年とはどういう意味を持っているのでしょうか。

長い人生には、体調不良や厄災が重なる事があります。日本には古来より人生の節目を厄年として忌み慎む習慣がありました。厄年とは一生のうち何らかの災難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、万事に慎まねばならない期間として人々に意識されてきました。時代によって多少の変化はありますが、厄年の年齢はちょうど身体の変調期や社会環境の変わり目にもあたり、現代の生活にもあてはまる人生の転換期でもあり、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい年齢といえます。

厄年とする年齢は、地域により多少異なりますが、一般には数え年で、男性は25歳、42歳、60歳。女性は19歳、33歳、37歳の年廻りをいいます。その前後の年齢を『前厄(まえやく)』『後厄(あとやく)』といい、中でも男性の42歳、女性の33歳は『本厄(ほんやく)』といわれ、特に忌むべき年齢といわれています。

古くから、男女の本厄の年齢は社会における重要な年廻りとされ、おまつりや神事(しんじ)において重要な御役を行うにあたって、神様に失礼のない様に、心身を清浄にする為に御祈祷を受けたのが、始まりであるともいわれています。

一般的には『数え年』で行う神社が多いようですが、これは、お正月(新年)を迎える毎に年を重ねるという、日本人の信仰に根ざした生活習慣によるものです。現代では、満年齢で御祓いを受ける参拝者や、厄年とは関係なく毎年を一年無事に過ごせますようにと願いを込めて御祓いを受ける参拝者も多く見られます。

日本人ほど『年』にこだわってきた民族はいないでしょう。子どもが生まれれば初宮詣(はつみやもうで)に行き、七五三詣、成人式を経て、還暦(かんれき・60歳)や古希(こき・70歳)、米寿(べいじゅ・88歳)などの長寿を祝う『年祝い』を行います。日本人にとっての年とは単なる人生の積み重ねではありません。人生は山あり谷あり様々な厄災が待ち構え、それを乗り越えてゆく事の難しさを私達は日々の生活から学びます。『生かされている』事への感謝の念を忘れませんでした。

日々の暮らしの中には様々な厄災があります。それは今も昔も同じですが、その年にあたっては、神様のご加護により厄災から身を護る為、神社に参詣し、御祓いをお受けになり明るく健やかな日々をお過ごし下さい。